借金をしてコンサート

MENU

借金をしてコンサート

私は、好きなアーティストがいるため、そのアーティストを追いかけて、講演先を回っております。仕事をしながらなので、土日の講演にしか行くことができないのですが、できるだけいけるところにはいきたいと思って、抽選に応募して、当選したら必ずいくようにしております。

 

しかし、今回、当選した講演の回数が多く、すべてに行きたいのですが、計算したらすべての講演に参加するためにはお金が足りなかったので、悩んだ挙句に、こんなことはめったにないので、借金をしていくことにしました。
毎週土日にコンサートに行くことができ、楽しい週末を楽しむことができました。

 

普段は一か月に一度か二度いけるだけなのに、毎週というのはとてもうれしかったです。こんな機会をお金がないというだけで逃すのはとてももったいなかったので、自分でも良い選択をしたと思っております。借金の返済は毎月きますが、思っていたよりも負担になりませんでした。そのあともこんなことはないかと思い、かなり応募したのですが、同じようなことは起こりませんでした。

 

もしかしたら、またこんなことが起こるかもしれないと思うので、その時には必ず利用させてもらおうと思っております。本当によかったです。

 

友人の披露宴に必要なお金を借金しました。

私はお給料日前で、お財布がピンチの時に、友人の結婚披露宴に招待されたので、まとまったお金が必要になってしまいました。ご祝儀も恥ずかしくない程度の金額を包みたいですし、披露宴に出席をするためのフォーマルドレスや靴なども必要なので、銀行のカードローンを利用して7万円の借金をしています。

 

私は、普段から銀行で給与の振込やクレジットカードの支払い、公共料金の支払いをしており、キャッシュカードを持っているので、カードローンの審査を受けることにしました。地方銀行なので、審査を受けてから結果がわかるのに、数日掛かりましたが、審査に受かったのでカードを使って、借金をしました。

 

銀行カードローンは、消費者金融に比べても低金利ですし、日頃から利用している銀行なので、信頼感があり、安心して融資が受けられるので、安心できます。私はお祝いのご祝儀を受付で手渡して、自分の気に入ったフォーマルドレスを着用できたので、楽しい時間を過ごせたので良かったです。

 

家計を預かっていると、突然お金が必要になること多いので、カードを一枚持っていると安心できます。定期預金を途中解約すると、損なので、カードローンで借金をすると本当に便利です。

 

個人再生のメリットとデメリット

個人再生は債務整理の方法のひとつであり、裁判所に対して申し立てをして手続きを開始する方法です。

 

債務整理の方法としても比較的よく利用されている方法ですが、では個人再生のメリットとデメリットは何でしょうか。
まずメリットについてですが、これはまず借金の金額を最大1/5まで圧縮できるというところにあります。

 

借り入れた金額が膨大すぎて返済に苦慮しているというような場合であれば、この債務圧縮は非常に大きな効果を示すでしょう。

 

加えて、住宅や車などの財産を保護しつつ債務整理が出来るということもメリットです。
特に自己破産ではそうした財産は手放さなくてはならないため、この点に関しては自己破産よりも優れていると言えます。

 

ではデメリットは何かというところで、まず気にしたいのが債務がゼロになるわけではないということです。

 

最大1/5まで圧縮したうえで返済を継続するわけですから、継続して収入が得られる見込みがないのであれば個人再生はできません。
従って、無職などの人だと成功できる確率は非常に低くなってしまいます。

 

また他の債務整理の方法と同じく、今後5〜10年の間、新たな借入が出来なくなるということも無視できません。

 

子どもが進学を控えているというような状況だと、将来的には教育ローンの借り入れに苦慮するということもあり得ます。
個人再生にはこうした特徴があるということを理解したうえで検討するようにしましょう。